FLEXIROAM Launch of ‘Flexiroam X’ for Data Roaming

FLEXIROAM X Perth, FLEXIROAM Limited (ASX:FRX) is pleased to announce that it’s subsidiary FLEXIROAM Sdn Bhd (“FLEXIROAM”) has launched its new flagship data roaming product, “X” today. The “X” App is a mobile application which works with “X”, a thin, microchip-embedded film to be applied on a user’s existing SIM. Once applied, “X” provides access

BRIEF: FNB launches free WhatsApp on FNB Connect

FNB Connect WhatsApp South Africa’s FNB has announced that its FNB Connect subscribers are able to use WhatsApp free since 1 May. This will run as a promotion on the mobile virtual network operator until 31 July. During this period, customers will be able to use WhatsApp without incurring data charges. Customers are not required

WiFi Offloading: What does it mean to an MVNO?

WiFi MVNO WiFi offloading enables mobile subscribers to utilize free WiFi hotspots to send and receive data. For MVNOs that can mean reduced data revenues — but it also eases bandwidth demand to keep speeds up and subscribers happy. So what does it all mean? First, a little history. The relatively recent and rapid proliferation

65% of Americans traveling outside the U.S. will use mobile data to check in with loved ones back home

Verizon TravelPass You can now be connected in 100+ countries with Verizon TravelPass(SM) A new survey reveals one in three Americans is planning to travel outside of the U.S. in the next year. Of those traveling internationally, a whopping 80 percent plan to use their phone and data on their phone with 65 percent checking

65% of Americans traveling outside the U.S. will use mobile data to check in with loved ones back home

Verizon TravelPass You can now be connected in 100+ countries with Verizon TravelPassSM A new survey reveals one in three Americans is planning to travel outside of the U.S. in the next year. Of those traveling internationally, a whopping 80 percent plan to use their phone and data on their phone with 65 percent checking

GigSky Streamlines Management of International Mobile Data

GigSky Global coverage, control and visibility for the Enterprise and SMB International wireless carrier and mobile technology company GigSky, today announced the release of GigSky Enterprise Manager (GEM). GEM is for businesses that have a need for global data connectivity management. It provides convenient, centralized control to support global business operations, and enables mission critical

PLDT Partners NTT Com to Offer Mobile Data Service for Filipinos in Japan

PLDT NTT Communications Leading Philippine telecom and digital services provider, PLDT has partnered with NTT Communications to bring to the roughly 240,000 Filipinos residing in Japan an innovative service that bundles mobile internet with free calls and remittance services. The service, dubbed as SMART World, was launched on 15th of last month. This prepaid subscription

BRIEF: Deutsche Telekom starts MVNO with FC Bayern

Deutsche Telekom MVNO Deutsche Telekom announced the launch of a new MVNO with football team FC Bayern. FCB Mobile will offer prepaid and postpaid plans, delivered through the club’s fan shops, Telekom shops and online at www.FCBayernMobil.de . The prepaid starter kit costs EUR 9.95 for the same amount of credit, 500 MB data at

Telstra delivers 4G mobile speed boost to budget Aussie telcos

Telstra 4G More Australians will have access to faster mobile broadband speeds after Telstra granted more wholesaler partners access to the 4G network. Customers of Woolworths Mobile, AldiMobile and several other budget Aussie telcos can now enjoy faster mobile broadband after Telstra fast-tracked their access to its 4G network. Rather than building their own phone

Dell adds Transatel SIM card to 2-in-1 laptop series

Dell Transatel Dell is introducing a pre-installed Transatel SIM 901 SIM card from MVNE Transatel in the recently launched Dell Latitude 12 7000 Series 2-in-1 laptop equipped with Windows 10. Transatel’s SIM 901 technology allows consumers to purchase pre-paid 3G/4G-LTE data services directly from within the Windows 10 operating system and Windows Store that will

Free Whatsapp for Spanish FreedomPop

Whatsapp FreedomPop FreedomPop, a wireless internet, and mobile phone service provider, which offers limited free voice and data services will launch in Spain this summer with a new alluring offer –free WhatsApp messaging and calling regardless of usage. Considering that 70 percent of mobile consumers in Spain use WhatsApp, the company is targeting 500,000 to

FreedomPop launches in Spain with zero-rated WhatsApp service

FreedomPop WhatsApp FreedomPop officially launched its free mobile service in Spain as it continued expand its footprint in Europe. The MVNO is also touting a new zero-rated data offering for any usage of WhatsApp, which it says accounts for 90 percent of texting in Spain. FreedomPop offers limited buckets of free voice, text and data,

Evolving Technologies Change the Nature of Internet Use

MVNO Americans’ rapid move toward mobile Internet service appears to be coming at the expense of home broadband connections, according to the latest computer and Internet use data released by NTIA. At the same time, many Americans are using a wider range of computing devices in their daily lives. Both of these findings suggest that

Cricket takes aim at T-Mobile with new unlimited data plan

Cricket Wireless T-Mobile Cricket Wireless on Sunday will launch a new unlimited wireless plan that’ll offer unlimited talk, text and data service for $70 per month. The rate drops to $65 per month for customers that sign up for the auto-debit feature, bringing the total monthly cost down to just $65 which includes all applicable

VIDEO: Virgin Mobile holds ‘world-first’ data auction for most post-paid Aussie telco customers

Virgin Mobile If you’re a Virgin Mobile postpaid customer WITHOUT data rollover activated, or most post-paid customers of Aussie telcos (again without data rollover), Virgin Mobile has a stunning auction stunt that comes with attention grabbing pop! Claiming to be holding a ‘world-first’ data auction, Virgin Mobile says that ‘bidding is open to any Aussie

Majority of Wireless Consumers Support Abolition of Net Neutrality

Net neutrality A new CTIA commissioned Harris Poll survey found that Americans would overwhelmingly welcome new free data options that allow consumers to access more content and services without counting against their data plan. Specifically, 94% of the Millennials (18-34 years old) were more likely to try to a new online service if it was

Tune Talk Madness Top Up: Reload & get Free credit or up to 4GB data

Tune Talk Mobile Virtual Network Operator (MVNO), Tune Talk announced its new “Tune Talk Madness Top Up promotion” offering its prepaid subscribers who reload with free data or free credit, and in some cases, free data plus free credit. For example, a Tune Talk prepaid customer who reload RM50 gets 1.5GB of data plus RM10

0 SIMとイオンモバイルが参戦――「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線3月編) (1/2)

MVNO 格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。2015年7月から続けている本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。今回は2016年3月のドコモ回線を使ったサービスの測定結果を紹介しよう。 MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。 そこで、2015年7月から各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は2016年3月編として、先月のドコモ系MVNOの通信速度をリポートしたい。au系MVNOについても同時に調査したので、別途記事化する。本企画がMVNOサービスを選択する際の一助になると幸いだ。 通信速度の調査方法 今回、テストを行ったのは以下の19サービスだ。 IIJmio OCN モバイル ONE BIGLOBE LTE・3G b-mobile(おかわりSIM) So-net モバイル LTE 楽天モバイル NifMo ぷららモバイルLTE(7GBプラン) ワイヤレスゲート FREETEL SIM DMM mobile U-mobile(LTE使い放題) Wonderlink(LTE Iシリーズ) Wonderlink(LTE Fシリーズ) mineo(Dプラン) DTI SIM 0 SIM イオンモバイル ドコモ(mopera U) 本家ドコモのサービスである「mopera U」を除くと、MVNOのサービスは計18。前回(2月)までは16サービスだったが、3月からは、ソネットの500MB未満まで無料のサービス「0 SIM」と、イオンが自らMVNOとなって提供している「イオンモバイル」のSIMを追加した。 なお、いずれのSIMも下り最大150Mbpsまたは225MbpsのLTEサービスに対応したものを使っている。 調査条件は以下の通り。 計測端末:ZenFone 2×2台 計測アプリ:RBB TODAY SPEEDTEST 計測時間帯:平日午前(8時50分~)、午後(12時20分~)、夕方(18時~)の3時間帯 計測場所:JR横浜駅西口(午前、午後、夕方)、東京都港区のアイティメディア社内(午後のみ) 計測回数:各時間帯・場所で1サービス、上下3回ずつ(平均値を掲載) 各サービスの測定を開始した時刻は、以降の各時間帯の表を見てほしい。通信測定のエラー、明らかにありえない速度(理論値超え)が表示された場合は再測定とした。 人力のテストなので、全てのサービスを同時に測定しているわけではないことはご理解いただきたい。またau回線の記事でも触れるが、測定の前半はauのMVNOも同時に計測しているため3台同時の測定となり、前半のサービスは測定を始めるまでの準備に時間がかかっている。 本企画で紹介する通信速度は、時間帯や場所によって大きく変化するので、記事で紹介されている数値を100%うのみにせず、あくまで参考値としてご覧いただきたい。 平日午前は「mineo(Dプラン)」が唯一の20Mbps超え 今回の測定は3月28日(月)にJR横浜駅西口前、3月29日(火)に東京都港区のアイティメディア社内で行った。まずは横浜駅での午前中の測定結果をお伝えする。

Porto Seguro Conecta introduces Wi-Fi Calling :: Brief

Porto Seguro Conecta Brazilian MVNO Porto Seguro Conecta has launched native Wi-Fi Calling, without the need for applications for Android users. As a result, users can make and receive calls using an internet connection, even when there is no mobile network signal. There will be no additional costs for the use of Wi-Fi Calling, but

Smartphone billing puts telcos back on notice

MVNO Megabyte rounding and 28-day cycles criticised. Consumer smartphone plans are back under the spotlight after successive changes to the way they are billed. Earlier this month, plan changes by value mobile virtual network operator (MVNO) Amaysim cast light on a recent move to make prepaid plans expire after 28 days instead of 30 days.

speakOUT Prepaid re-branded, offers 100GB data at RM50 for Tourist

speakOUT speakOUT, a prepaid mobile virtual network operator (MVNO), launched its re-branded corporate identity today and introduced two new prepaid service including one with a 100GB data for tourist. speakOUT Prepaid is a basic prepaid service. The SIM pack retails for RM16 with a preloaded talktime amount of RM2 and 500MB worth of data valid

How Silicon Valley’s GigSky Has Corralled Silent Roamers

GigSky It’s not quite an episode of The Walking Dead, but it always comes to mind when I think of silent roamers. After all, I used to be one myself (just to clarify – not a zombie). I’m talking about the people who travel and fail to purchase an international data plan because of the

なぜ、イオンモバイルはMVNOのライバルに?

MVNO

さまざまな仮想移動体通信事業者(MVNO)のサービスと端末をセット販売し、現在の「格安スマホ」の基礎を作ったイオンの通信サービス「イオンモバイル」。そのイオンモバイルが2016年2月18日、自らMVNOとなって通信サービスを提供することを明らかにした。MVNO同士の競争が激しさを増している昨今、これまで他のMVNOのサービス販売に徹していたイオンが、自らそのライバルとなるMVNOに転身したのはなぜなのだろうか。

代理店からMVNOへと転身

新しいイオンモバイルの通信サービスは、データ通信のみの「データプラン」で月額480円(高速通信容量1GB)から、音声通話付きの「音声プラン」で月額1180円(高速通信容量500MB)から利用できる。他のMVNOと比べ容量が少なく、より安価なプランを多く提供する。一方で、高速通信容量50GBのプラン(データプランで月額1万3800円)と、ヘビーユーザーをカバーするプランも用意して、29もの料金プランをそろえ、幅広いユーザー層をターゲットとしたサービスにしている。

だが多くの人は、イオンが今、MVNOに参入したということ自体に疑問を抱くだろう。同社は2014年に、グーグルの「Nexus 4」と日本通信のSIMをセットで販売。低速ながらも従来のキャリアのスマートフォンより安価に利用できたことから、「格安スマホ」として大きな注目を集めた経緯がある。

 さらにその後、イオンは「イオンモバイル」ブランドを立ち上げて通信サービスの販売に注力。日本通信だけでなく、ビッグローブやソネット、インターネットイニシアティブ(IIJ)など複数の事業者のSIMを採用し、それらをさまざまなSIMフリー端末と組み合わせて、販売を拡大してきた。つまりイオンは、すでにMVNO市場のけん引役として非常に大きな役割を果たしている。そのため、改めてMVNOへの参入を表明すること自体、違和感があるのだ。

これまでのイオンは、あくまで他社が提供するSIMを販売する販売代理店という立場であり、自ら通信サービスを提供しているわけではなかった。しかし今回は従来の方針を大きく変え、自身がMVNOとなって通信サービスを提供することを打ち出したのだ。これは従来パートナーであったMVNOと競合する立場になることを意味しており、イオンモバイルがサービスの大きな転換点を迎えたことに、間違いないだろう。

なぜイオンはMVNOになる決断をしたのか?

ではなぜ、イオンは従来のパートナーをライバルにしながらも、MVNOとしてサービスを提供するという決断を下したのだろうか。2月18日の記者向け説明会に登壇したイオンリテールの住居余暇商品企画本部 デジタル事業部でイオンモバイル事業を担当している橋本昌一氏は、大きく3つの理由を挙げた。

 1つ目は、イオンモバイルのユーザーの年齢構成が徐々に変わってきたことだ。イオンは当初、主にフィーチャーフォンから乗り換えたいというスマートフォン初心者をターゲットに、スマートフォンとSIMのセットを販売してきた。そのため、当時から現在に至るまでイオンモバイルの契約者は40~50代が中心だ。

 しかしながら、直近2カ月では、20~30代のユーザーが6%上昇している。加えて、40代の契約者の中には、クレジットカードを持つことができない未成年の子供に持たせるために契約している人も多く見られるとのことだ。これまで中高年を主体に支持を得てきたが、最近は若い世代にも広がりつつあることから、より幅広いユーザー層に向けたサービスを展開する必要があると判断したようだ。

2つ目は、SIM単体で契約するユーザーが増えていることだ。イオンはスマートフォンとSIMのセット販売で大きな注目を集めたことから、2015年の第1四半期頃までは、セット販売が8割近くを占めていた。だが総務省が同年SIMロック解除義務化を実施したことで、SIMに対するユーザーの認知や認識が急速に高まった。それに伴い、SIM単体での契約が急速に伸びているという。

 実際、昨年の第3四半期には、セット販売とSIM単体での契約がほぼ半々の割合を占めるようになった。そうしたSIM単体で利用したい人のニーズを取り込むためにも、直接MVNOとなってSIM販売を手掛けた方がよいと判断したようだ。

 そして、3つ目は、販売代理店としてのユーザーサポートに限界があることだ。これまで、端末によって提供するMVNOが異なっていたため、ユーザーが料金プランを変えたいと思っても、イオン側では対応できなかった。また端末が故障した場合でも、サポートはメーカー側での対応となる上、そもそもSIMと端末のどちらに問題があるのか切り分けが難しく、サポートが複雑になってしまう。そのため、ユーザーに不満を与えたこともあったという。

 イオンは特にスマートフォン初心者に力を入れているため、サポートの不満はユーザーの満足度にも大きく影響する可能性が高い。端末からSIMまで一貫してサポートできる体制が必要になっていたことも、自らMVNOになるという判断を後押ししたようだ。

MVNOやキャリアとの関係をどうする?

イオンモバイルは、高い知名度と充実した商品ラインアップを持っているのに加え、全国のイオンの店舗で契約できる体制が整っていることから、優位性は非常に高い。実際、今回の新サービスに関しても、店舗によって対応に差はあるものの、全国のイオン429店舗で一斉に提供するとしているし、そのうち213店舗では販売だけでなく、店頭でのサポートも実施するという。

そのイオンが自社でサービスを提供し、サービス・サポートを充実させることは、ユーザーにとっても確かに大きなメリットとなるだろう。橋本氏は新しいイオンモバイルのサービスで「(MVNOの)シェアでナンバーワンを目指す」と話しており、今回のMVNOとしての展開に強い自信を見せている。

 気になるのは、他社との関係をどうしていくかだ。従来販売代理店として協力関係にあったMVNOと競合することになるのはもちろんのこと、店頭でのサービスやサポートを充実させるほど、大手キャリアをライバルにしてしまう可能性も高まってくる。

 こうした点に対して橋本氏は、「我々よりもユニークなサービスもあることから、代理店としての販売は継続していく」と話し、キャリアとの関係についても、「直接競合することはない」という。イオンは販売店としての側面が強いことから、より多くの商品を扱いたいだろうし、キャリアやMVNOにとっても、イオンの販売力は重要だ。従ってイオンが自社サービスに力を入れたからといって、両者の関係がすぐに解消されるわけではないだろう。

 だが販売店であったイオンが自社のサービスを拡大するほど、イオンも、MVNOやキャリアの側も難しい選択を迫られる可能性が高まるのは間違いない。今回のイオンモバイルのリニューアルが、販売店とMVNO、そしてキャリアとの関係にどのような影響を与えるかは、今後のMVNOの動向を読む上で大きなポイントとなりそうだ。

MVNO

Sprint launches data-only “Charge” pay-as-you-go service

Sprint If you’re like us, you live for the day in which a data-only phone package is offered. With all the services available today, a traditional minutes and texting plan seems like a huge waste. “Charge” is the first carrier of sorts to step forward and cater to such a crowd with their “Charge” branded